アーカイブ

美容皮膚科サイト

美容皮膚科では麻酔を使って脱毛出来る?

良く脱毛を「美容皮膚科」で行う場合に、医療レーザーの痛みに耐えられなくて断念した、等と言う話を耳にしますが、実は、医療機関による医療レーザーの場合、その痛みを軽減する処置をしてもらう事が出来るのです。
医療機関での脱毛だからこそ出来る痛みの軽減とはどのようなものがあるのでしょうか。
■医療レーザー脱毛時の痛みの軽減には麻酔を使用する事があります
医療レーザーは痛みやダウンタイムも他の光脱毛に比べると強く長い傾向がありますが、その痛みに耐えなければ、完全脱毛の状態に近づく事は出来ません。
その為、痛みを軽減するために麻酔を使用する事があるのです。
もちろん局所麻酔ですので、安全ですし、安心して施術を受ける事が出来るようになります。
■麻酔の種類とは?
医療機関によって違いはあると思いますが、大きく分けてガスとクリームの2種類になります。
ガスの場合は、亜酸化窒素ガスを吸入する事が多く、痛みを取る事を目的としています。
その亜酸化窒素ガスの濃度は調節が可能なので、トラブルになりにくい事が特徴的です。
クリームによる麻酔の場合は、脱毛する部位に直接塗布します。
するとおよそ30分程度で肌表面の感覚が鈍くなり、施術時の痛みを軽減する事に繋がるのです。
■エステや脱毛サロンでは麻酔は使用出来ない
エステや脱毛サロンでは、ドクターサポートこそ常識化してきていますが、施術時の麻酔と言うのは行う事が出来ません。
麻酔は医療機関でドクターによる指示が無ければ使用できないからです。
そう言った事を考えると、痛みに弱い方や、出来るだけ早期に脱毛完了の状態にしたい方は、医療レーザーによる脱毛をする事がおすすめで、痛みに耐えられない場合には、麻酔を使ってもらう事が良いでしょう。

関連する記事

ページ上に戻る